Evergreen -History-
Kanazawa Univ. Americanfootball Team
History

チームカラー

チームカラーであるグリーンは80年代前半に決定された。米カレッジの強豪ノートルダム大への憧れが強く、伝説のグリーン ジャージから金のヘルメットとパンツ、グリーンのジャージが決められた

名の由来

EVERGREENのニックネームは1986年(S61)に決定された。当初は北陸という土地柄にちなんで「ノー ス・・・」や「ノーザン・・・」といった候補も挙げられたが「常勝」や、さらにチームが大きくなって欲しいという願いをこめ、チームカラーにかけて「常 緑」を意味するEVERGREENが選ばれた。

伝説

1994年頃まで練習開始が日本一早いチームと言われていた。朝練の開始は7時であったが、ビフォアー練習があったので、 6時10分にはほぼ全員がグラウンドに立っていた。

北陸学生アメリカンフットボール連盟

リーグ自体は73年に創部した福井大・金沢工業大学が関西学生リーグの近畿ブロックに所属していたが79年に金沢経済大 学・金沢医科大学の加盟を受け北陸学生リーグとして独立した。これにより北陸学生リーグは地域的なハンディーを解消すべく、東海学生リーグと同じく近畿学 生リーグと並ぶ待遇で、リーグ優勝校は関西学生1部リーグへの昇格入れ替えトーナメント戦への出場権を与えられたのち1982年(S57年)に関西学生ア メリカンフットボール連盟から独立して北陸学生アメリカンフットボール連盟が誕生した。


Topic in each year
トピック北陸リーグ結果入替戦結果
1979(S54) 金沢大学にアメリカンフットボール同好会ができる。チーム発足当初は、グラウンドも確保できず、金沢市香林坊の中央公園で練習していた。そこで、たまたま居合わせたモルモン教の方に、ダミーヒットの指導を受けたことも。 - -
1981(S56) 現顧問北浦孝が監督に就任したのを機に部に昇格。同時に関西アメリカンフットボール協会に加盟する。これにより金沢大学、金沢工業大学、金沢経済大学、金沢医科大学、福井大学の5校によるリーグ戦が行われるようになる。 1勝2敗1分(3位) -
1982(S57) 北陸アメリカンフットボール連盟が関西アメリカンフットボール連盟から独立する。2年目にして初優勝し、入れ替えトーナメント戦に臨む。 4勝0敗(優勝) 0-42 大阪経済大学
1983(S58) 北陸地区のアメリカンフットボール普及のため 第1回「北陸BOWL」が開催される。京都産業大学を招き、攻撃は北陸各大学が1クォーターごと出場し、守備は選抜の混成チームで行われる。 2勝2敗(3位) -
1984(S59) - 4勝0敗(優勝) 0-28 大阪大学
(西宮球技場)
1985(S60) - 4勝0敗(優勝) 7-13 大阪教育大学
(西宮球技場)
1986(S61) EVERGREENのニックネームが決定。 4勝0敗(優勝) 6-34 関西大学
(西宮球技場)
1987(S62) 金沢大学チアリーダーが誕生 3勝1敗(2位) -
1988(S63) 金沢大学チアリーダーが一時休止状態になる
主将 #根岸(OL/DL)
4勝0敗(優勝) 0-38 関西大学
(西宮球技場)
1989(H1) 主将 #69山本(OL/DL) 4勝0敗(優勝) 0-30 関西大学
(万博記念競技場)
1990(H2) 滋賀県で毎年行われている「長浜BOWL」 (この年40周年を記念して「長浜ひょうたんBOWL」に変更)のメインゲームに招待され滋賀大学と対戦する。
金沢大学 35-0 滋賀大学
主将 #61横川(OL/DL)
38-8金医大
48-0金経大
30-0金工大
33-0福井大
優勝
12-29 甲南大学
(尼崎陸上競技場)
1991(H3) 北陸学生リーグに福井工業大学が正式加盟。6チームが4試合ずつ対戦する準リーグ戦方式で行われる。 1991年にアメフト部のマネージャー澤井(藤沢)和歌子が金沢大学チアリーダーを復活させる。
主将 #78吉元(DL)
38-8金医大
48-0金経大
30-0金工大
33-0福井大
優勝
13-53 京産大
(長居競技場)
1992(H4) この年から北陸BOWLがクォーター制の北陸学生リーグ連合チームとしての対戦式から単独1チームでの対戦式をとるようになる。金沢大学 15-14 大阪大学
この年北陸学生リーグに富山大学、北陸大学が正式加盟、8チームとなったため4チームの2ブロック制のリーグ戦を行い、プレーオフによって順位を決める方式をとる。
主将 #73鈴木(DL)
28-6金工大
23-0金経大
14-6富大
プレーオフ41-6金医大
優勝
3-10 甲南大
(西宮球技場)
1993(H5) 主将 #55吉田(DL) 43-21福大
45-0福工大
16-0富山大
プレーオフ0-6金経大
2位
-
1994(H6) 日本のアメリカンフットボール誕生60周年記念「シーホークBOWL」が開催され、北陸代表に金沢大学が選ばれる。
第1戦 金沢大学21−7福岡大学 金沢市営球技場
第2戦 金沢大学10−3広島大学 広島広域公園第二球技場
決勝戦 金沢大学0−88法政大学 福岡ドーム
この年北陸学生リーグに福井県立大学が正式加盟、リーグ9チームとなり2ブロック制から1、2部リーグ制に編成される。
杉盛(DB)がIVYBOWL日本代表候補に。
監督に高田典男(84年卒)が就任。
主将 #75永田(OL)
10-7金経大
28-0福井大
68-12金工大
45-6富山大
優勝
6-26 関西大学
(西宮球技場)
1995(H7) 金沢大学チアリーダー部に昇格。
オフェンスにウィッシュボーンを導入。
IVYBOWLで嶋田(TE)が日本代表候補、倉林(LB)が日本代表に。
主将 #88毛利(DE)
42-0福工大
62-0金経大
39-0富山大
45-7福井大
優勝
0-56大産大
(西宮球技場)
1996(H8) 京都大学への合宿参加、関西学院大学とのJV戦、北海道大学との交流戦など、積極的にレベルアップを図った。
主将 #47倉林(LB)
38-0福工大
61-7金経大
57-14福井大
23-2富山大
優勝
20-33大阪体育大
(西宮球技場)
1997(H9) 小松ドームのこけら落としゲームとして、北陸学生選抜対日本大学の試合が行われる。嶋田(DL)が篠竹幹夫賞を獲得。
6LBスタイルのアグレッシブなディフェンスを採用。
初の関西1部リーグ入れ替え戦出場。
主将 #34山口(RB)
35 -29金工大
44-6金経大
46-12福工大
16-13富山大
優勝
21 -14京産大
(西宮球技場)
関西1部入れ替え戦
14-45関西大学
(長居競技場)
1998(H10) ビアオフェンスを採用。
海道(QB)が3年連続北陸学生リーグMVPを獲得。
主将 #99菅(LB)
18 -7北陸大
77-12金経大
44-7富山大
28-0福工大
優勝
13 -14大阪大
(西宮球技場)
1999(H11) 日本体育大学卒でコーチとして大阪産業大学付属高校を日本一に導いた中西隆彦がヘッドコーチとして就任。
主将 #29龍瀧(LB)
46 -7金経大
31-0北陸大
47-0富山大
49-13福工大
優勝
0- 44同志社大
(長居競技場)
2000(H12) 嶋田准也(98年卒)が監督就任。
北陸リーグ全試合無失点
主将 #57石野(OL)
52 -0北陸大
78-0富山大
72-0福工大
47-0福井大
優勝
17 -24大阪大学
(長居競技場)
2001(H13) 初のトレーナの設立
主将#44鈴木(LB)
46 -0福県大
26-0福工大
21-7富山大
51-0福井大
優勝
0- 39関西大
(西宮スタジアム)
2002(H14) 主将#53南塚(LB) 44-0福県大
49-0金工大
34-0富山大
72-6福井大
優勝
9-29関西大
(西宮球技場)
2003(H15) 北陸リーグ10連覇
主将#55高田(LB)
50-0福井大
36-6金工大
36-0富山大
15-6福県大
優勝
14-17龍谷大
(長居球技場)
2004(H16) 関西1部リーグ入れ替え戦出場。
主将#56込山(OL)
17-0金工大
56-0富山大
63-0福井大
31-0福県大
優勝
21-14京産大
(長居球技場)
関西1部入れ替え戦
20-27近畿大
(長居球技場)
2005(H17) 中西隆彦が監督就任。
主将#34木村(RB)
58-0福工大
30-7福井大
70-7富山大
24-0金工大
14-2福県大
優勝
13-16京産大
(長居球技場)
2006(H18) 主将#51下平(DL) 48-0福工大
55-0富山大
42-35金工大
20-0福井大
28-21福県大
優勝
9-28龍谷大
(ExpoFlashField)
2007(H19) 主将#54小島(LB/TE) 62-0富山大
27-6福井大
31-23福県大
27-18金工大
優勝
14-45京産大
(ExpoFlashField)
2008(H20) 嶋田准也が監督就任。北陸リーグ15連覇達成。
主将#66千代(LB/OL)
1-0*福工大
72-0富山大
69-0福井大
27-13金工大
43-0福県大
優勝
0-31龍谷大
(ExpoFlashField)
2009(H21) 全国8地区の代表9校(関東は2校)が参加する全日本大学アメリカンフットボール選手権が新設された。甲子園ボウルは選手権の決勝戦に位置付けられることになった。
主将#52野口(LB)
44-0富山大
31-0福井大
34-0福県大
28-13金工大
優勝
全日本大学アメリカンフットボール選手権
2-55名城大
(一宮光明寺公園球技場)
2010(H22) 主将#53水上(DL) 69-0富山大
21-6福井大
31-0福県大
56-13金工大
優勝
6-46南山大
(四日市中央緑地公園)
2011(H23) 主将#45田中(LB) 48-8富山大
74-0金工大
27-0福井大
45-13福県大
優勝
0-38中京大
(一宮光明寺公園球技場)
2012(H24) 主将#41永田(LB) 32-0富山大
57-6金工大
35-6福井大
25-7福県大
優勝
0-55名城大
(一宮光明寺公園球技場)
2013(H25) 主将#57大音(DL) 63-0金工大
28-7富山大
16-21福県大
43-0福井大
3勝1敗

        
2014(H26) 主将#69河崎(DL) 13-14福井大
31-0金工大
16-6富山大
20-35福県大
2勝2敗

        
2015(H27) 主将#69河崎(DL) 24-7富山大
27-13金工大
27-14福井大
19-21福県大
3勝1敗

        
2016(H28) 主将#50清水(LB) 33-0福井大
83-0金工大
35-0富山大
0-7福県大
3勝1敗

        
td>
About this Page

まだ未完成です。各年度の話題、全体写真など、また試合結果などお気づきのことがありましたら、管理人迄お知らせください。

inserted by FC2 system